本当に痛かったこと

運転のし過ぎか 右肩が異常に凝ってしまい 前から目を付けていた近所の治療センターにいってきました。

よくしゃべる おっちゃんが院長先生です。
医学部を出て 神主になり 治療院を開業しているかわったおっちゃんです。
更に言えば 某財閥のご子息らしく ほんとに変わった人です。

で 2日続けて通っいました。
初日は 指圧を受けても多少痛いくらいでなんて事なく 肩こりもかなり解消されたのですが、2日目はコリがほぐれていた為 がんがん神経に突き刺さるように痛くなってしまいました。

治療中に’先生、すみません!痛いのでやめて下さい’といっても ’そうですか’というだけで 一向にやめてくれません。
’いやいや ほんとに痛いので、あああああ痛い。やめて下さい’と 言っても’痛いところを治療しに来てさわってんだから痛いに決まってるじゃない。’と 全然取り合ってくれません。

おしゃべりな このおっちゃんは そんな私にお構いなく’せとさんは どんな子がすき?僕は美人がいいなぁ。’’今度車貸してよ’とか こっちのせりふに関係なく 話を進めて行きます。
で 私も人がいいもんで 痛いながらも’わたしは、あっ痛い!私は 優しい女性がっ あっすみません痛いです。いいですねぇ’
もう終日身体が怠いくらいになってしまいましたが 翌日である今日は朝から絶好調です。

来週もまた行きます。

でも 好意で得意先の社長さんに紹介したところ ’あんた あたしに恨みでもあんじゃないの。いたすぎだよ。でも来週の予約もとらされたよ。’と 恨まれてしまいました。
結局予約を取ったって事は 本人も効果があったと思われているのでしょうね。

この先生は陽気な胡散臭いおっちゃんです。
でも 本当に本当にこちらの先生だけはすごく効いて治ります(*^_^*)。
紹介しますよ。