巨大マンション群

今日は 昔っからの友達の欧陽さんが新しく事務所を構えたので 遊びに行ってきました。
元々 上海で同じ事務所を二人で借りていたのですが 支払い続けるオフィスビルの家賃より、上がり続ける分譲マンションに魅力を感じ 先日事務所を移転したのです。
今までの事務所家賃より安く 自己所有となり
ほぼ確実に値上がりするというのですから 確かな選択なんでしょう。
私も購入を勧められたのですが その辺りの勉強をしていないので 分からないことには手を出さない信条なので 今回はやめておくことにしました。
でも いざ見ると’いいなぁ’と少々うらやましくなりました。(掛け捨てじゃないというところが)

で 初めて訪れた欧陽さんちの新事務所ですが 上海駅近くにあります。
うちの上海事務所からも 夜中であれば車で10分以内でいける距離にありますが 日中は慢性的な酷い渋滞の為 1時間以上かかることも有ります(うちのスタッフ談)。

初めて訪れたのですが ついてみてびっくり。
34階以上のマンションがどどーんと数十棟建ってます。
これだとどれが欧陽さんちが入っているのか わからんと、思っていると各棟にはちゃんとナンバリングがしてありました。
それでも迷いながら目的の棟を探し当てお邪魔してきました。

うちのスタッフは欧陽路付近に住んでいますが この辺りは比較的投資用マンションが多いところで 完売はしているものの実質的な入居率は10%以下です。
しかし 今回お邪魔したマンション群では 高級感はあるが 比較的リーズナブルなマンションらしく入居率はほぼ100%との事です。
距離的にはそんなにかわんないし、建物としてもそれほどかわんないのに 価格と入居率は全く違います。
その差はどこからでてくるんでしょうかねぇ。。。