按摩→食事&飲酒の至福

今日は今まで中国視察にお越しになっていた社長さん連中が帰った開放感もあり うちの吉嶋君と’がんがん飲もう’を合い言葉に酔っぱらってきました。
いつもは ’食事&飲酒’→’按摩’という経路をたどるのですが、少しだけ成長した私としては それは体に良くないんではないかと吉嶋に提言したところ 素直に同調し今回は’按摩’→’食事&飲酒’で行くことになりました。

このパターンはいいですね。
いっつもご飯やお酒をたらふく飲んだ後に 按摩さんで揉んでもらっていたのですが 
・按摩が始まり出すとすぐにいびきをかいて寝てしまっていて 目が覚めたら(というより起こされたら)終わっていて すごく損した気分になっていた。
・ご飯を一杯食べた後なので ’うつぶせ’になると少なからずでているお腹が使えて苦しかった。
・朝まで按摩屋で熟睡する危険が無くなった。
という メリットがあります。

で 按摩を終えた 私ら2名はお酒も飲んでないのにほろ酔い気分の千鳥足でレストランを探しました。
マンション付近のレストランへ。
店へ入る前にとった写真なのですが あまりに肩こりがとれ 気持ちよかったので写真がぶれまくりました。


4回目でやっとまともにとれました。